「鶏を食す会」&「持ち寄り映画鑑賞会」

案内が遅くなりましたが、土曜の午後に「鶏を食す会」と夜に「持ち寄り映画鑑賞会」を開きます。
今回日程が合わなかった方も、定期的に開催するのでいずれ都合をつけて参加してください。

開始時間は参加者に合わせますが、概ね
16時くらいから〆め始めて、ご飯の準備ができたら食べながら反省会。
19時くらいから、持ち寄り映画鑑賞会をしたいと思います。

「鶏を食べる会」
アースハーバーでは、食育体験として、鶏の解体ワークショップ「命をいただく」に取組んでいます。
普段、何気なく食べている「肉」ですが、
世界中で大量の肉を生産消費している現実や、コストダウンに伴う健康の問題、さらには生き物であったことを全く感じない食事など、肉には考えさせられることがたくさんあります。
食べ物の成り立ちや、命をいただくということを、自分でさばくという経験から見つめ直していただければと思っています。

鶏を食べる会では、「命をいただくWS」のボランティアスタッフ養成も兼ねて、定期的に小規模開催したいと思っています。
鶏の解体や食育WSに興味ある方は、是非ご参加ください。

日時:5月26日(土)16:00?
参加費:500円 持ち寄り歓迎
場所:黒潮農場


「持ち寄り映画鑑賞会」

3年ぶりの開催です。毎回お題を決めて、それぞれおススメの映画を持ち寄ります。
その場の投票で、見る映画を決めて、見れるだけ見るという企画です。
今回は、テンダーが6月上旬から椎葉に山籠りに行くので、テーマは自然環境でのサバイバリティです。
今回は持ち寄りではなく、「In to the Wild」と「運命を分けたザイル」の2本を見ようかと思いますが、他にお勧めの映画があれば是非、もってきてください。
2本の映画を見た後に、テンダーを囲んで、椎葉山籠り座談会をしたいと思います。