食にまつわる成長


IMG_1242.jpg

オトが俺はのジャム作りに触発されたのか、自分で野イチゴを摘みにいって(しかも雨の中)、一人でジャム作り、頑張って、30粒ぐらいは摘んできたみたいだけど、できあがったのは、15gくらいかなぁぁ。
でも、自分で発想して、自分で摘んで、自分で作るというのはエライと思う。本人も自信満々。
IMG_1251.jpg
こちらは、瓶詰めした梅ジャムで、ラベル遊び。
左が、リンちゃん、真ん中がオト、右が俺の下絵でセイカと塗り絵。
製造に何となく関わって、ラベル書くって、結構楽しいよね。
IMG_1237.jpg
こちらは、コロダイとアオブダイの潮汁、塩だけです。かなり旨いです。
IMG_1236.jpg
こちらは、強めの塩で炊いた潮汁の残りのアラ。これがまた旨い。
さて、豊作の梅を頑張って漬けるのも、梅干しには過熟すぎる梅をジャムにするのも、出汁をとったあとの魚のアラを手間をかけて食べるのも。これが食の心なのだと思うのです。
「魚って他の生き物と違って、食べ残すところないところがいいですね」ってスタッフがつぶやいたのを聞いて思ったり。
食べ残すところがないのは魚に限らす全ての生き物もそうなんだけどね。
僕は、ちゃんと楽しんで、ちゃんと素材を活かして、生きてける人間になれるだろうか。
「食はいのち、料理はこころ」

Comments are closed