豆腐のもろみづけ


約3カ月ぶりにBlogを更新。。。

いくら筆不精とはいえ、3か月も更新しないとは、いやはや。
NPOもたくさんワークショップしたし、オーガニックフェスタもあったし、出張もあったし、気合いをいれた料理もたくさん作ったし、書きたいこともたくさんあったけど、なんだかテンションがあがらず・・・

1ヶ月前程に仕込んだ豆腐のもろみづけ、ぼちぼち食べごろです。

ご飯が美味しい今日この頃、ご飯のお供系の常備菜を充実しようと最近は、佃煮やら漬けものやら少しずつつくっているのだが、ご飯のお供といえばこれ!豆腐のもろみづけ!その名も「豆銘」。
僕の中では、ご飯のおともベスト30にはランクインするツワモノです。
いわゆる豆腐の味噌漬けというやつですが、こいつに初めて出会ったのは熊本のサラリーマン時代、五木村の山の中で、豆腐のもろみ付け「豆銘」として売られていました、もう一目ぼれ。

過去に一度作ったことがあったけど、味が薄くなってしまって、イマイチと思っていたけど、久々に作ってみたら難なく美味しか豆銘ができました。

若いもろみを入れたり、古い熟成味噌を使ったり、いろいろしてみたいと思います。
臭いチーズや豆腐ようが好きな人は、きっと好きだと思う。お勧めの一品です。

toubei.jpg


Comments are closed