森の教室プロジェクト


森の学校・楠学園で、小屋づくりのワークショップします。
今回はなんと、杉の間伐から始めます。いつか小屋くらい作りたいという方は是非、ご参加ください。

森の教室プロジェクト.jpg

https://www.facebook.com/events/496974247018105/

「子どもたちにものづくりの過程を体感させたい!新たに教室もほしい♪」という学園長『清香さん』が、
「建てたり直したり、もっと大工を楽しむ人が増えたらいいのに…」というDIY『素晴さん』に声をかけ、
「家をいちばん始めのところから造りたかったんだよね」という大工職人『原田さん』が加わり、
3人が教室づくりの教室をはじめることになりました。

全4回(予定)をかけて、参加者とともに生徒たちが学ぶ「森の教室」を、手探工法で作りあげます。

近くの森から間伐材を切出したり、廃屋からサッシを取り外したりしつつ、身近で安価な材料と日曜大工の技術で、住める程の小屋を作りたいと思います。

 森の教室プロジェクトが提案する「手探工法」(てさぐりこうほう)とは、間伐材や建築廃材、もらい物などの画一ではない材料を、基本と応用を織り交ぜながら、画一ではない手法や方法論で作りあげる建築姿勢です。そこにある身近な材料や取り組む人の技術力、予算や目的に応じて、基本はしっかり抑えつつ、妥協あり、遊びあり、荒技ありの、温故知新の建築手法です。

 このプロジェクトは、いつか自分で小屋を作ってみたい!という方に是非、参加していただきたいワークショップです。

家を皆で建てたり、自分で直したり、改造したり・・・建物との多様な関わり方が世の中に増えたらいいなと思います。
教室作りを通して、大工の基本や自分で作る楽しさ、手探工法の何とかなる感じを経験していただければ幸いです。

手探りしながら変更するかもしれませんが、小屋の大きさは6m×4m×高さ2mの約14畳を予定しています。
屋根はいただきもののコロニアル(スレート瓦)、外壁材は製材所からでる「くいたん」という端材。断熱材にはもみ殻を使います。

■第1回 森の教室ワークショップ

日時:4月29日(祝) 9:00?16:00

場所:森の学校 楠学園(鹿児島県姶良市蒲生町白男2780-1)

参加費:3000円(昼食、保険込)簡単な昼食を用意します。(一品持ち寄り歓迎です)

内容:杉の木を伐倒(林中作業)、枝打ち・皮むき(林中作業)、設計と計画談義、チェーンソー講座(使い方と階段作り)

持ち物服装:動きやすい服装(長袖長ズボンも)、林内作業できる靴または長靴、軍手やグローブ
(あれば持参:鎌、ナタ、チェーンソー)

初回は木の切り倒しということで、突っ込んだ大工仕事ではなく、ガテン系作業や計画談義が主体です。大工仕事まではちょっとという方でも、楠学園の教室づくりを応援したいという方は、初回だけでも歓迎です。杉丸太はそのまま林内で葉枯らし乾燥をかけ、搬出は次回です。

■今後の予定

第2回 7月上旬 丸太搬出、チェーンソー製材、丸太墨付け、角材墨付け、木材切り込み、ペール缶基礎

第3回 8?9月 建て方、屋根葺き、窓や戸の取り付け、外壁材づくり、外壁打ち

第4回 床打ち、内壁材打ち、もみ殻断熱、目地埋め、ロフト作り

■パーソナリティー

原田 勝
?宮大工時代に学んだ「緑の中に命あり」を胸に、誰にでもできる自然に寄り添った素朴で豊かな暮らしの形を考える大工職人

高橋素晴
?「暮らしをつくる」をライフテーマに、ジャンルを問わず、田舎暮らしに必要なスキルを実践。天然塩釜元・黒潮農場当主、NPO法人アースハーバー代表

藤浦清香
?みんなが自分らしく生きられるようにと、オルタナティブスクール『森の学校楠学園』・『森のようちえん つくしんぼ』・
『冒険遊び場 かむおん』を運営

Tel/fax:0995-52-0385 mail:primary@naturalstance.jp 

お申込みは電話・fax・メールまたは直接 お名前とご連絡先、DIY経験をお知らせください


Comments are closed