『猿舞座』 枕崎・明治蔵で公演


『猿舞座』 枕崎公演決定!
2008年11月30日(日) 10:30?11:30

千年続く伝統の花猿芸 『猿舞座』(さるまいざ)

ふつうの「猿まわし」と違い、伝統芸能の「猿まわし」は、ムチを使わず、
まずは人と猿が一緒に生活し、人と猿との信頼関係を築いてから「芸」へと入ります。人と自然が共存し、
信頼関係がなければできない「猿芸」です

この千年にわたる伝統を守り続けてきたのは、ここだけ。
叩かず芸を教え込むのは、もう3組しかないそうです。

公演形式も、集落を呼び込みに回り、広場で芸を披露し、お捻りを集めるという昔ながらのスタイルで実施。
今回は、3歳夏水のデビュー公演ツアーです。

座長 村崎修二
——————————–
1947 山口県光市生まれ
1969 東京舞台芸術学院卒業
1972 京都高石ともやと交遊始まる
1977 民俗学者宮本常一に師事
1978-1988
京都大学霊長類研究所協同研究員
今西錦司博士と「アイデンティティについて」研究を始める
1982 山口県玖珂郡にて猿舞座を興す
1986 伝承文化研究の稽古場を周東町に建設。以来伝統芸術・芸能研究に没入。
1966? 全国を舞台に活躍中。
1972年、小澤昭一氏の要請で、山口県熊毛地方の猿曳き(さるひき)(猿つかい)からの聞き取り調査を始め、1974年より1977年まで小澤昭一の編集した伝説の雑誌【芸能東西】に故丸岡忠雄氏との共同執筆により「周防上下行き・大道芸・猿回し」を連載する。
民俗学者故宮本常一に師事し、京大霊長類研究所の研究員でもある。
1978年、周防猿まわしの会を兄の村崎義正氏らと結成し、猿まわしの復活に着手。1982年、本仕込みの伝承を掲げて、「猿舞座」を仲間と結成し、元祖猿回しの里ー山口県周東町を拠点に活動、現在に至る。

若頭 村崎耕平
———————————
1977年 山口県光市に生まれる
2000年 劇団東京乾電池14期研究生
以後、東京・高円寺を中心に歌うたい、俳優・脚本家として活動
2005年 帰郷し、猿舞座に参加
2006年 夏水とのコンビを結成

猿舞座のことは、熊本県菊池のきらり水源村・コバさんから、チラホラ聞いていましたが、今回、鹿児島の有機生産者達の収穫祭「命のまつり」で出会い、親子のようなコンビ芸に感動。

今回、指宿まで行くので、どうせなら南の端の枕崎まで行って公演したいと声をかけていただき、コーディネートさせてもらいました。

猿まわしは、テレビでショーで見ることはあっても、この伝統の芸は滅多に見れませんよ。
お近くの方は、必見の価値あり!

猿舞座1
猿舞座2


Comments are closed