塩炊き再開。天赦日&スーパームーンに火入れ式!


IMG_2464

塩作りの拠点を、大隅半島に移し、はじめての海水組。
昨日が満月で、潮は大潮。錦江湾側でもかなり透明度が高く、海水を汲むには上々の潮流。
太平洋側は、台風の影響で東風が吹いていたので、波が立っていないかと心配しながら海岸に向かいましたが、大丈夫でした。

IMG_2465

今回、海水を汲んだのは、太平洋側で佐多岬から10kmほど北側の「間泊」という港。取水候補地は、いくつかありますが、ここが一番多くなる気がする。太平洋に面し、潮通りがよく、右側に突き出した岬はその名も「早崎」。きっと潮が早いのでしょう。

大潮の昇りの潮のときは、錦江湾側の島泊という港でも組めそうですが、潮の流れを誤ると、錦江湾内部からの汚れた海水を汲んでしまうので、注意が必要です。といっても、薩摩半島から比べると、大分きれいな気がします。
(薩摩半島も、他のエリアから比べると十分きれいですけどね)

大隅半島マップ

塩小屋はまだ完成していませんが、とりあえず、6割は屋根を貼りました。
IMG_2467
本当にここは、夕日がきれいです。

今日は、「天赦日」という、一粒万倍日の意味のあるとても縁起のいい日らしい。年に2度しかない縁起のいい日らしく。
小屋もまだ完成していなかったし、薪もまだ運んできていなかったので、やや準備不足でしたが、どうせなら、潮がよく、縁起のいい日に再開しようということで、何とか、夕方に滑り込みで、潮炊き再開。火入れ式をすることができました。
IMG_2470

火入れ式といっても、いい加減なもんでして。
以前は、「塩」「酒」「米」を、釜、海、塩、火、小屋の神様を称え、5膳の杯を用意したものですが。。。

今回は、全神様共通でシェアしてくださいってことで、器は一つ。
「初めまして、どうも。神様の皆様、一生懸命炊くので、どうぞ、よろしくお願いします。どうも、乾杯!」ってな感じの、かなりフランクな火入れ式をさせてもらいました。

そして、今日は、スーパームーン。当たりが十分暗くなってから現れた月がすごかった。
曇っていて、ギラギラではなかったけど、雲間から、顔を出しては、暗黒で妖艶な強烈な光を放っていました。

今のところ、10月下旬、または11月上旬に、佐田の塩、第一弾が出来上がる予定です。どうぞ、よろしくお願いします。

Comments are closed